ICT教育

ICT教育

低学年の学習より、積極的にICT教育を取り入れていきます。ICT教育では、正しい利用の仕方はもちろんのこと、日々の学習が「楽しく分かる活動」になるように電子黒板やタブレット端末を利用して行きます。

ICT教育のメリット

①子どもたちを待たせない課題提示ができる

先生たちがホワイトボードに今日の課題を書いている間は、子どもたちは待つ時間になりがちです。
電子黒板を活用すると、課題をクリック一つで素早く提示することができます。テンポ良い学習活動で反復練習の時間を確保して、より深い学びを行うことができます。また、電子黒板を活用すれば、子どもたちが調べたい内容をすぐに検索できます。

ICT

②画像・動画など興味・関心・意欲をもち楽しく学ぶことができる

教科書だけで学習するのではなく、画像・動画を提示しワクワクドキドキしながら興味深く学習できます。

③電子ペンで書き込みができ、書き順を確認しながら学ぶことができる

映し出すだけではなく、重要な箇所に書き込みができたり漢字など書き順を確認しながら学ぶことができます。また、子どもたちが電子黒板に自分の考えを書きこむ活動を取り入れることで参加型学習ができます。

ペンタブレット

④図形や画像の拡大縮小が簡単にできる

図形や画像の拡大縮小が簡単にできることにより、様々な角度から資料を見ながら思考を深めることができます。図形を使って、面積を求める学習や角度を求める学習では、素早く図形の変形や拡大をすることで更に分かりやくすくなります。

⑤考えをまとめ、発表する力を伸ばすことができる

少人数のよさを生かし、一人ひとりが学習したことや考えたことをコンピュータを使ってまとめ、発表することにより、表現力を高め、より深く考える態度を育てます。

happyou_boy